精神保健福祉試験対策1 精神保健法~精神保健福祉法 施設系整理 

************************知識

1987年

①社会復帰施設法定化

社会復帰施設とは 精神障害者生活訓練施設、精神障害者援護施設

  

1993年 

 

① 精神障害者社会復帰施設整備

 

  精神障害者福祉ホーム、

  医療的なケアを必要とする精神障害のあるかたに

  精神障害者福祉工場

 

 

② 精神障害者地域生活援助事業(グループホーム

 一定程度の自活能力があり共同生活に支障がない精神障害者

 

 

③ 精神障害者社会復帰促進センター創設

精神障害の研究

精神障害者社会復帰施設等での処遇ノウハウの研究開発、職員の研修、啓発広報活動を行う目的で厚生労働大臣精神障害者社会復帰促進センターとして指定するものである[1]

このセンターの運営にあたって「精神障害者社会復帰促進センター運営委員会」を設けることになっている。この運営委員会は大学の研究者、精神保健福祉センター長会、社団法人精神科病院協会日本精神科診療所協会社会復帰施設協会社団法人医師会公益社団法人日本看護協会PSW協会作業療法士会等の代表者で構成されている[2]

 ↓下記と間違えないように

 

社会復帰促進センター創設

(民間の知恵を活かした刑務所 社会復帰施設と間違えやすい。

 精神障害者が付くかどうかで判断する)

 

 

 

1995年

①社会適応訓練事業の法定化

 社会復帰に理解のある事業所に一定期間通い、就労へ の意欲、持続力、人づきあいなどの社会適応訓練を実施する制度

 

②社会復帰施設の4類型

精神障害者生活訓練施設、精神障害者授産施設精神障害者福祉ホーム、精神障害者福祉工場) 

 

1997年

①社会復帰施設に「精神障害者地域生活支援センター」を追加!

 →地域活動支援センターと同じようだ

  

精神障害者地域生活援助事業(グループホーム)に加え、

居宅介護等事業(ホームヘルプサービス)、

 短期入所事業(ショートスティ)

1997 今後の精神保健福祉施策のありかたについて」の影響を受ける                          

 

1999  精神障害者地域生活援助事業

    →精神障害者居宅生活支援事業に含まれる

 

2012

現在は訓練給付 

共同生活援助事業

 

 

 

**********************覚え方 

覚え方

 

①まずは年号と論点の数を並べる

1987→1

1993→3

1995→2

1997→2

1999→1

2012→1

2017→1

 

 

② ポイントを書き出す

1987→1 社会復帰施設(法定)

1993→3 復帰施設整備(福ホ・工・支援)     生活援助事業 (促進)センター

                       (グルホ)    

1995→2 復帰施設4類型(福ホ・工・生・授)      (適応)訓練事業 

1997→2 地域生活センター 生活援助事業に2つ追加(居住・短期)      

 1999             精神障害者居宅生活支援事業に含まれる

2017→1          訓練給付 共同生活介護統合

                       

 

 3つの色をゆっくり思い出す

一気に解こうとしないこと

 フクシホコウシエン

フクシホコウセイジュ