読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精神保健福祉試験対策5 尺度まとめ

知能検査

 

 ウエスクラー式

 →WAIS 成人

  WISC 小児版

 

 

性格検査

  投影法

   SCT sentence completion technique

           *前半に短い刺激文が呈示され、

           未完成の文章の後半を自分が連想した通りに記入

           参考

           http://www.socio-d.com/co/sub-0sct.htm

   被験者の潜在的な動因を主観的・直観的に分析       

 

 

          ロールシャッハテスト

 

 

       TAT Thematic Apperception Test    

http://psycho.longseller.org/tat.html

マレー,H.A.によって作成された投影法検査 絵の描いてある31枚の図版を提示して(数枚のみ提示することが多い)物語をつくってもらうことで、被験者の葛藤・欲求・態度を知ることが目的  対人関係 達成動機 自立傾向

apperception→統覚という意味 

 

 

       バウムテスト

  PーF  Picture-Frustration Study 

 

http://blog-imgs-69.fc2.com/s/h/i/shinriblog100/SnapCrab_NoName_2014-9-9_19-30-19_No-00.jpg

 

*SCT・・・知能、性格、意欲、興味・関心、生活史、人生観、心の安定性を含めたトータルな人間像

 

*TAT・・・被検査者が葛藤状況をどのように認識し、どのような対処行動を行っているかといった性格・行動傾向から、パーソナリティを明らかにしていく 対人関係 達成動機

 

*P-F・・・無意識的な攻撃性の型と方向を
明らかにすることを目的としています

 

 ↑上記3つで差を判断する

 

  

  質問紙法

   MMPI(ミネソタ多面人格目録 特徴550問) 

       Minnesota Multiphasic Personality Inventory

       この結果、心気症尺度(Hs)、抑うつ尺度(D)、ヒステリー尺度(Hy)、精神病質的偏奇尺度(Pd)、パラノイア尺度(Pa)、神経衰弱尺度(Pt)、統合失調症尺度(Sc)、軽躁病尺度

 

 

   CMI(医学的面接の補助手段 コーネルメディカルインデックス 

        心身と精神のそれぞれの症状を区分け)    

CMIの質問項目は、身体的項目と精神的項目の2つに大きく分類され、『各身体器官別の質問(A~L)』『情緒面の質問(M~R)』が米国版では合わせて195項目ある。『各身体器官別の質問(A~L)』には、『呼吸器系・心臓脈管系・神経系・疲労度・疾病頻度・既往症・習慣』など12尺度144項目があり、『情緒面の質問(M~R)』には、『不適応(M)・抑うつ(N)・不安(O)・過敏(P)・怒り(Q)・緊張(R)』の6尺度51項目がある。CMIの性格検査では飽くまで『自覚症状中心のアセスメント 

 

 

   YG  (ギザギザなグラフができる)

各10問で計120問の質問に「はい」「いいえ」「どちらでもない」の3通りで答えてもらい、その結果から性格特性を測定 ウイキ参照

    

medi.atsuhiro-me.net

 

作業能力検査

内田ークレペイン(作業曲線)

http://www.test.co.jp/products/detail.php?product_id=204

 足し算

 

気分の検査  

SDS(うつ状態自己評価尺度)Self-rating Depression Scale

HRSD(ハミルトンうつ症状評価尺度 他人か評価)

      Hamilton Rating Scale for Depression

STAI(特性不安評価)

BPRS(簡易精神医学評価尺度)

GAF(機能の全体評価尺度 100点)

PANSS(陽性・陰性評価尺度) ポジティブ ネガティブ 陽性・陰性

  

認知症

 MMSE(ミニメンタルテスト 見当識などを識別)

 Mini Mental State Examination

   →覚え方 MMに着目!ミニメンタルだ!

 

 HDSーR(長谷川式簡易知能評スケール 言語検査 失語症など)

 Hasegawa's Dementia Scale for Revised 

 *Dementia 痴呆

 →覚え方 長谷川です!と覚える

 

社会生活評価尺度

 REHAB(精神科リハビリテーション行動評定尺度 逸脱 全般)  

 LASMI(精神障害者社会生活評価尺度)

 Life Assessment Scale for the Mentally Il 日常 対人関係など5分野

→Lイフ→日常生活もはかるよ!と覚える

 

 

医療

フェイススケール 疼痛の大きさを絵を使って診断

 

お仕事系

VPI検査 160個の項目

アメリカで開発されたホランドによるVPIの日本版。6つの興味領域(現実的、研究的、芸術的、社会的、企業的、慣習的)に対する興味の程度と5つの傾向尺度(自己統制、男性-女性、地位志向、稀有反応、黙従反応)がプロフィールで表示。

 

レディネステスト ABC3つの領域

 職業レディネス・テストは,職業に対する構えを測定するために職業研究所(1972)によって開発された検査である。この検査の特色の1つは,さまざまな職務に対する興味を測定するA検査と,それらを遂行するにあたっての自信の程度を測定するC検査を含んでいることである。A 検査は従来の職業興味検査にあたるものであるが,C検査を付加することによって,主観的な実現可能性を考慮した職業的発達の水準が判定される。

 

*下記引用

http://near.nara-edu.ac.jp/bitstream/10105/6400/1/ier14_79-84.pdf#search=%27%E3%83%AC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88%27

 

 

 

 

 

WAIS      成人

WISC      小児版

ロールシャッハテスト  インクのシミ  潜在意識

SCT             不完全な文 潜在意識 tトータル

TAT        32枚の図版 達成動機 TAっ成動機

バウムテスト    内面と外面、深層と表層の

PーF          欲求不満

MMPI      精神障害一覧 mmなだけにメンタル全般

CMI       心身 精神一覧 メディカルだけに心身も含める

 YG        神経質、劣等感、活動性

内田ークレペイン  (作業曲線)足し算

SDS      うつ状態  自己評価尺 

HRSD     ハミルトンうつ症状 他人か評価)

STAI     特性不安評価)

BPRS     面接時 簡易精神医学評価

GAF     (社会生活 100点)

社会生活評価尺度 社会生活 5段階

PANSS    陽性・陰性

MMSE     見当識  メンタル正常?!

HDSーR    失語症 

REHAB    逸脱 全般  

フェイススケール 疼痛の大きさを絵を使って診断

VPI検査    160個の項目

レディネステスト ABC3 興味と自信