精神保健福祉試験対策4 住居支援系まとめ

住宅入居等支援事業

・市町村

・法律 障害者総合支援法

・内容 障害者の入居支援

・対象 障害者

 

家賃債務保証制度

・ 法律 なし

・ 一般財団法人 高齢者住宅財団

・ 対象 高齢者 障害者 子育て 外国人

・ 内容 連帯保証 滞納家賃 原状回復

 

公営住宅法

1951年 身体障害者Ok

2005 精神障害者OK 知的障害者OK  

 

無料低額宿泊所

社会福祉法第2条第3項に定める第2種社会福祉事業のうち、その第8号にある「生計困難者のために、無料又は低額な料金で簡易住宅を貸し付け、又は宿泊所その他施設を利用させる事業」に基づき、設置される施設です。

 

住宅支援給付

市町村 住宅支援給付とは、失業者が家賃を払えなくなったときに地方自治体が支援してくれる制度です。

支給条件は「失業状態であること(働く積極的な意思と能力があること)」のほかに、「住宅を喪失、または喪失するおそれのあること」「生計を一つにしている同居親族の収入合計額が基準以下であること」などがあります。

住宅支援給付の支給額は賃貸住宅の家賃額ですが、地域ごとに上限額があり、収入に応じた調整があります。

例えば東京都の場合、単身者で収入84,000円以下の方なら月53,700円の支給が受けられます。

支給期間は原則3ヶ月ですが、受給中の就職活動要件を順守して延長申請時に支給要件を満たしていれば、最長9ヶ月まで延長することができます。

住宅支援給付の受給条件は以下の通りです。

  • 離職後2年以内で65歳未満であること
  • 離職前に主たる生計維持者であったこと
  • 就労能力、就職の意欲があり、ハローワークに求職申し込みを行うこと
  • 住宅を喪失または喪失するおそれがあること

http://musyoku-seikatsu.com/yachin.html

 

 

*****************************:

住宅入居等支援事業

家賃債務保証制度

公営住宅法  何年にできた? 何年に拡大?

無料低額宿泊所

住宅支援給付