精神保健福祉試験対策14 WHO関連 国連 国際関係

1945

連合国軍最高司令部

公私分離 最低生活保障 

→旧生活保護法につながる

 

1946 健康の定義 社会的にも参加WHO

健康とは、単に疾病又は病弱の存在しないことではない」

 

1971
知的障碍者の権利宣言 

 

1975
障害者の権利宣言
自分ではできない人

尊厳が尊重

市民権及び政治的権利

 

1978 プライマリヘルスケア  who  

国連児童基金人権共同宣言 住民主体 アルマ・アタ宣言 

 

1981 コミュニティベースドリハビリテーション WHO   

 

1981 国際障害者年 国連

   「完全参加と平等」 

 
1982
障害者に関する世界行動宣言 国連
あらゆる施設を利用できるように

 

障害者の予防」「リハビリテーション」「機会均等化」

 

国際障碍者の10年
1983~1992

 

1991 メンタルヘルスケアの改善 諸原則

   最小限のガイドライン 国連 

 

2000 

 国際ソーシャルワーカー連盟(IFSW

 ソーシャルワーク定義

 ソーシャルワーク専門職は、人間の福利(ウェルビーング)の増進を目指して、社会の変革を進め人間観における問題解決を図り、人びとのエンパワーメントと解放を促していく。ソーシャルワークは、人間の行動と社会のシステムに関する理論を利用して、人びとがその環境と相互に影響し合う接点に介入する。人権と社会正義の原理は、ソーシャルワークの拠り所とする基盤である。

 

2001 世界の精神医療に関するWHOの勧告と行動指針

    →精神病院の縮小 地域での精神保健

 

2001 WHO ICF 国際生活機能分類

 

2006 障害者権利条約 国連 合理的配慮 

 

 2006年 国際連合経済社会理事会 ディーセントワーク

経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約の第7条の『公正で好ましい条件での仕事』はディーセント・ワークと解釈

 

2012 WHOの報告 

認知症3560万人

 

2013~2020 WHO メンタルヘルスアクションプログラム

→自殺死亡率・罹患率の10% 低減

 

 

**************************問題

1945

1946 

1971 

1975

1978 

1981 

1981  

1982 

1983 

1991  

2000 

2001 

2001 

2006  

 2006年 

 2012 

2013~2020  

 

 

**************************覚え方

1946  終戦直後、健康が定義された

1978  

1981 生まれたとしにコミュニティ おれの使命

1981  

1991  1と1 最小限の原則

2001  ICF

2001  ICF→地域→WHO病院縮小せよ!

2006    

 2006年 

 2012 

2013~2020